Thursday, 25 January 2018

London Fashion Snap No.171 ~ The gentlemen


ワルサムストウ・ポップアップ・ヴィンテージフェアにて。(11月)
これぞ、ジェントルメン! な、お二人。
並んでお写真撮らせて頂きました。

At Walthamstow Pop Up Vintage Fair in November.
This is how gentlemen look!

Click here for the rankings! →人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

Tuesday, 23 January 2018

ballet* Le Jeune Homme et La Mort / La Sylphide @ ENB (若者と死/ラ・シルフィード|イングリッシュ・ナショナル・バレエ)


19 January 2018, London Coliseum

Le Jeune Homme et La Mort 若者と死
Choreography by Roland Petit, Music by J S Bach

La Sylphide ラ・シルフィード
Choreography by August Bournonville, Music by S. Lovenskiold



今年初舞台鑑賞は、ENBの若者と死とラ・シルフィード!
とにかく、ロンドンではローラン・プティの作品を見られる機会はそうそうないので、
とりあえず見ておく!

My first stage watching was Le Jeune Homme et La Mort (Young man and the Death) and La Sylphide with English National Ballet.
It is a very rare chance to see Roland Petit's piece in London, so I had to go!



今回はワシーリエフとタマラ・ロホの競演が話題で、いつも舞台に誘ってくれる友人がチケットを取ってくれたのでした!感謝!
ローラン・プティの振り付けと、ジャン・コクトーの退廃的な雰囲気のストーリーがたまらない若者と死。
特に大好きな作品というわけではないのですが、プティ作品だからという理由だけで見たい作品。

This time, the director of ENB Tamara Rojo and a star dancer Ivan Vasiliev is going to dance together, it was the one must see!
My friend got tickets for me, thanks!
Love Petit's Choreography and Jean Cocteau's decadent story.
It is not my favourite Petit's piece, but I missed Petit's ballet!



ラ・シルフィードはロマンティックバレエ。
有名なのが2タイプありますが、(音楽も違う)今回はデンマークの有名振付家、ブルノンヴィル版。

La Sylphide is a romantic ballet.
There are roughly 2 types of La Sylphide.  (even the music is different.)  ENB got the one, the most popular Bournonville's version.



ブログを書こうと思うと、ちゃんと書きたいので、まとまった時間を探す間にいつも書き逃してしまう舞台鑑賞記。
たぶん誰も読んでないと思いますが笑、自分の防備録のためにやっぱり記録はつけておきたいな~と思い、
今回は帰りの電車でとりあえずツィッターでつぶやいておいた。
これからはそれをここにまとめて転載するだけでもいいかな、と思い。
私の超個人的感想が下にありますので、見たい方だけ見てね。





Click here for the rankings! →人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

今回の目的は何と言ってもプティの若者と死。プティ作品で一番好きかと言われたらそうでもないけれど、プティ自体があまりロンドンで見られないので見られるときに見ておく。キャストはバレ友が見たかったロホとワシーリエフ。ロホの女役は正直見たいような見たくないような…だった。

情熱的なあの役はぴったりだと思うけれど、プティ作品はやっぱり、御御足の綺麗なダンサーで見たい…というのが本音。ロホは間違いなく素晴らしいダンサーだし、エック版カルメンとかすごく良かったけれど、プティ作品だけは…!そしてその不安が当たってしまった…。

なんとロホ様、ラストの白ドレスの時、厚底履で登場😭せめてハイヒール👠(欲を言うならピンヒール)もしくは絶対に見えないように隠して歩いて欲しかった…。これ、プティ生きてたらOKしたかな?😅これを見て思い出したのは前回のENBの若者と死で女役を踊ったJiaZhang。彼女は本当に素晴らしかった

一緒に行った友人も、ワシーリエフよりも彼女のことを鮮明に覚えていて。彼女は線は細いんだけれど、プティの言う、「足で語る」と言うのができてたと思う。で、結局結論は、やっぱあの役はニコラルリッシュに限るよね、と。私もDVDのニコラとマリアニエスを生で見てしまったものだから、あれを超えるものは出て来るのかな〜。


シルフィードは、予定では加瀬栞さんだったけど、怪我で降板。代役は金原りなさんで、実は私が一番見たかったダンサーなのでした!飛ぶ鳥落とす勢いの金原さんを、全幕で見て見たかったんだ〜。金原さんのシルフィードは一言。かーわーいーいー!

ジェームズが目の前のアイドルにメロメロになっていくトップオタかのごとく(ねほりんぱほりんにはまってます)、本当に愛らしい。まじ妖精でしょってなくらい。プチアチチュードでジャンプするとこなんかほんとにキャピキャピしてる感じでかわいいのなんの。男なら捕まえたくなるよね。

こう書くとかわいいだけかと思われますが、アームズの使い方も表現力豊かで、エマージングダンサーガラのエスメの時よりもものすごくよくなってたように思います。ポワントテクニックも然り。すっかりファンになってしまったのでしたー。

あとはエフィー役のクリスタルさんが表現力あって良かったな。全体的にマイムとかも生き生きしてて、他のコールドさんたちのマイムに注目しちゃうくらい、小芝居が面白かった。友人も同じこと言ってて、この芝居演出はENBオリジナルなのかな?(基本はブルノンヴィル版ですが

Sunday, 21 January 2018

London Fashion Snap No.170 ~ Check trousers ロンドン・ファッション・スナップ


ワルサムストウ・ポップアップ・ヴィンテージフェアにて。(11月)
流行のブリテッィシュなチェックのパンツにボウタイシャツをイン。
ちょっとマニッシュな、だけどベレーとキッチュなプラスチックのイヤリングでかわいく。
刺し色の赤と黄色が効いてる。

At Walthamstow Pop up Vintage Fair in November.
She was wearing a check trousers, which is today's fashion with a bow-tie shirt.
Looks a bit mannish, but cute with a beret and kitsch plastic earring.
The red and yellow are good accent of her style.

Click here for the rankings! →人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

Saturday, 20 January 2018

cafe+shop* Blabar (ブラバー|カフェ&ショップ|ロンドン・パットニー)

今年の初カフェ巡りは南ロンドンのパットニーへ。
北欧カフェがあるというのでいってみました。
近くはテムズ川があって、いい天気のときはお散歩も。

Our first cafe hopping was in Putney.
I heard that there is a Nordic cafe and shop.
It is near Thames river, it should be great spot to walk when it is sunny!





カフェ・ブラバー。
北欧雑貨も買えるカフェです。

Blabar.
It is a cafe with a shop for Nordic living style.




店内は雑貨も置いているのでコジーな感じですが、

The cafe space is quite cosy as they have shop space too....




2階席はゆっくり出来ます。

However, they have more seats in the first floor.




北欧だからデザイン雑貨が多いのかと思いきや、ソープなどの生活雑貨もあったり、

I thought they only have interior designed items, but also they have beauty items like soaps and scrubs  too.




本とか、

also books....




わりとバラエティ豊かな品揃え。

Any kinds of items.




シンプルなデザインが人気。
この日はセールもやってたので、お買い物に来たひとも。

Good simple designs.
They do winter sale now, so there are some people just came for shopping too.




私のお気に入りはこのモビール。

My favourite is this mobile.




さて、お目当てのフード。
ブランチメニューを頂きました。
ブランチメニューはこのほかにグルテンフリーのパンケーキも。
こちらのアボカドエッグはスモーブロみたいなタイプで、おいしかった~。
でも北欧カフェときたらやっぱりシナモンロールを食べないわけにはいかないでしょ。
シナモンロール、ふわふわでおいしかった!
ロンドンのシナモンロールでは一番好きかも。
北欧カフェは結構できてきたけど、シナモンロールもカフェによって色々なので、
食べ比べるのがおもしろい。
まだ色々チェックしてるので、またシナモンロールめぐりでもしようかな。
(でも個人的に好きなのはベタに日本のスタバのシナモンロールだったりする…。
あれ、イギリスにはないんですよ! 誰か日本から来るとき買って来て!)

And their food!
We had brunch menu.
They also have gluten free pancake too.
It was like somorrerod type, Danish open sandwich.  Very good!
However, I can't miss a cinnamon roll in Nordic cafe, can I?
Their cinnamon roll was so soft and delicious!
I think it was my best cinnamon roll in London.
There some Nordic style cafes in London but all cafes have different cinnamon rolls.
It is interesting to eat and compare them.
(But, so far, I really like Starbucks' cinnamon roll! (They don't have it in UK!)


Click here for the rankings! →人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

*london memo*

Where to Eat

Blabar

https://blabar.london/

Thursday, 18 January 2018

London Fashion Snap No.169 ~ Blue sky blue


オールド・スピタルフィールズ・アンティークマーケットにて。(10月)
この日は秋休みで、子供たちが結構来ていたんだけれど、
とってもおしゃれな男の子を見つけたので、ぱちり。
真っ青な髪もかっこいいけど、ブルーのコーディネート、レインボーのトレイナーなどおしゃれ!

At Old Spitalfields Antiwue Market in October.
It was in the half term and I saw lots of kids that day.
I saw this boy in this very cool style so I asked him a photo.
Cool blue hair, and the jacket with the rainbow trainers!  Really good style!




そして極め付けが、帽子の宇宙飛行士とエイリアン。
小物使いも完璧。
将来が楽しみですなあ。

And look, on his hat!
Little astronauts and an alien!

Click here for the rankings! →人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

Sunday, 14 January 2018

Shop+Gallery* House of Minalima (ハウス・オブ・ミナリマ|ギャラリー・ショップ|ロンドン・ソーホー)

イギリスに観光に来る人の中には、ハリー・ポッターシリーズの名所を巡る人も多いのでは?
ロンドンといえば、やっぱりキングス・クロス駅の9と¾番線。
いまやちゃんとしたコーナーになっていて、ショップも併設されています。
ロケの名所といえば、ミレニアム・ブリッジやピカデリー・サーカス、リーデン・ホールマーケットなどなど。
一番大きなスポットはやっぱり電車に乗っていくワットフォードのワーナー・ブラザーズスタジオですが、
そこまで行くほどハリポタ好きでも…という人や、ロンドンしか時間がない!でもハリポタ大好き!という人におすすめなのが、
ソーホーにあるギャラリー・ショップ、ハウス・オブ・ミナリマ。

Some people who visit UK might want to go to places related to Harry Potter series.
The most famous Harry Potter spot in London is Platform 9 3/4 in King's Cross station.
It's an official photo shooting corner now, there is an official Harry Potter shop too.
There are some famous spots such as Millennium Bridge, Piccadilly Circus, Leaden Hall Market and so on....
The biggest spot must be the Warner Brothers Studio in Watford.
However, you might think it is a bit far from London, or you are not so big fan of Harry Potter, but still interested.....
Then, I recommend House of Minalima in Soho.


/

まるでダイアゴン横丁にありそうなかわいいファンシーなお店。
ウィンドウにはたくさんの魔法グッズが。
ハウス・オブ・ミナリマのミナリマとは、
ハリー・ポッターシリーズ、ファンタスティック・ビースツシリーズの小道具のヴィジュアル・デザインを手がけたミナさんとリマさんの名前。
そう、ここはそのミナリマさんのデザインを堪能できるギャラリー・ショップなのです。

It is a colourful cute shop like it's in a Diagon Ally.
You can see lots of magic items in windows.
Minalima is the names of Mina and Lima who designed visuals of props in Harry Potter & Fantastic Beasts film series.
This is a gallery shop of them.




一歩入ると、そこは本当に映画に出てくるようなお店!
ミナリマさんのお店なので、ハリーポッターだけとは限らないのですが、
ほとんどハリーポッターです。

When you enter the shop, you might feel like you are in Harry Potter's film!
This is not Harry Potter's shop, but Mina & Lima's.
So some of them are not related to Harry Potter, but yes, most of them are.




気軽に買えるハリポタグッズも嬉しい。
ハリポタシリーズで出てくるかわいいお菓子のパッケージ、これもミナリマさんが担当。
カウンターに並べられたお菓子、これが一番欲しかったんだけれど、残念ながらお菓子は売ってません。
ワットフォードのスタジオでは買えるようです。

Of course you can buy some of Harry Potter goodies.
I loved sweets packages from Harry Potter's film, which Mina & Lima designed.
I wanted to buy some sweets, but unfortunately, you can't buy sweets there.
But you can buy them in the Studio in Watford.




遊び心いっぱいのディスプレイも必見です。

Their displays are fantastic, like magic!!




上の階がギャラリー。
階段まで世界観が詰め込まれています。
この日はクリスマス直後だったので、クリスマスの飾りがいたるところに。

Upstairs is a gallery.
Even the staircase is full of their world.
It was just after Christmas, so it was all decorated too.




2階はデイリー・プロフィット(日刊預言者新聞)のコーナー。
当たり前ですが、映画で使用されたデザインそのまま。
コピーが買えます。
でも現在フィーチャーされていたのはやっぱりこの人、ニュートさん。

The first floor is a corner of Daily Prophet.
You can see copies of Daily Prophet papers which was used in Harry Potter film.
You can buy copied there too!
Now the ones featured there were The New York Ghost and Newt Scamander from Fantastic Beasts series.




3階は他の小道具たちが見られます。
ハリー1作目で印象的だった、やってくるたくさんの手紙たちが天井に。

In the Second floor, you can see more props from the film.
You can see the letters from the ceiling, which inspired from the first Harry Potter film.




ガラスケースには他の小道具たちが。
忍びの地図、魔法省のIDカード、クィブラー、カエルチョコや、
フレッドとジョージのお店で売ってるグッズなどなど…

In the glass case, you can see the props from the film....
The Marauder's Map, ID card for Ministry of Magic, Frog Chocolate, goodies from the shop of Weasley's....



レトロでかわいいお菓子のパッケージ、かわいいな~と思ってたんですよね。
このお店ではミナリマさんたちがデザインした原画のレプリカを見たり買ったりすることができます。

I thought the packages of sweets are cute in Harry Potter's film.
You can see and buy the copy of designs in the shop.




床には忍びの地図。

You can see the big Marauder's Map on the floor!




これも素敵だな~と思った、ブラック家の家系図。
ポップなものからクラシカルなものまで、デザインのテイストの幅が広くて本当に興味深いです。

It's one of my favourites, the family tree of Black.
Their designs are pop and classical, very interesting.




4階が人気スポット、ハリーのおうちの暖炉。
手紙が山のようにやってきているところが再現されています。
この日はクリスマスの飾りで、ハリー、ロン、ハーマイオニーの靴下がちゃんとつるされてる!

The third floor is the most popular spot, Harry's fire place.
You can see the famous scene from the first film!
There were decorations of Christmas, the socks of Harry, Ron, Harmione's!




ここは教科書類が展示。
映画でもきちんと見たことなかったけれど、ちゃんと創られてたんですね~。

You can see Harry's textbooks.
I actually didn't really see them well, but properly designed!!




闇の魔術に対する防衛術の教科書がめっちゃ好みです。

I love the Dark Art Defence book!




ハリーの教科書といえば、そこから派生された作品、ファンタスティックビースツのコーナーも。

Speaking about the textbooks of Harry's, Fantastic Beasts was born inspired by one of them.
One of the room is for Fantastic Beasts film.




この作品で楽しみだったのは、今回設定が1920年代だったということ。
期待してたよりも地味でしたが、ギャツビーなんかのセレブじゃなくて普通の人たち?だから当然か。
魔法ものだけど、きちんとした時代考証が話題となりました。
ヴィンテージ好きとしては、やはりポスターデザインに萌える。

I looked forward to seeing this film because it is based on 1920's.
I heard that the film was well researched about 1920's.
Loved the posters' designs.





他の印刷物もいちいちかわいい!
何が素晴らしいって、ここ、無料なのです。
スタジオに行くまでもないけれど、ロンドンきたしちょっと寄ってみたい、という人におすすめ。
もちろん、「ハリーポッターと呪いの子」を見る前にハリーの世界に浸っても。
ちょうど、劇場のすぐ裏手です。

Love other designs too.
What the most fantastic thing here is, it is free entrance.
I recommend this place if you are interested in Harry Potter's film or even you are not a big fan.
Of course, you can go before the theatre of Harry Potter and the Cursed Child.
It is just the back of the theatre.

Click here for the rankings! →人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

*london memo*

Where to Shop

House of Minalima

http://store.minalima.com/house-of-minalima/

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...