Saturday, 26 November 2016

musical* School of Rock (スクール・オブ・ロック|ミュージカル|ロンドン)

7th November 2016, New London Theatre

School of Rock スクール・オブ・ロック
Directed by Laurence Connor, Music by Andrew Lloyds Webber


大好きな映画のミュージカル版、スクール・オブ・ロックを見てきましたー!!
ジャック・ブラックの映画の中でもこの映画は特に好きで、ミュージカル化すると聞いてすごく喜んだんですが、
音楽がロイド・ウェバー氏と聞いて!
ああ。。。。ああああああああ。。。。。
ラブ・ネバー・ダイのトラウマが蘇るうう。
でもやっぱり気になる。
で、先駆けてオープンしたブロードウェイ版の映像を見て、結構よかったので、やっぱり見に行くことにしました~!

We went to see School of Rock the Musical!
I loved the film and look forward to it very much!
However, I was worried about the music as the composer was Sir Andrew Lloyd Webber....
Because I was really disappointed on Love Never Dies.
(Actually I was not disappointed on the music, but the story....)
But I can't ignore it and watched the performance in Tony Awards.
It was great!  So I decided to see it!




先日オープンしたばかりで、プレビュー価格。
二人で合計30ポンドです!
一番安い席だったので、どんな眺めかと思いましたが、私たちがとった舞台サイドの席は、舞台にかなり近く、死角もそんなにないのでとってもお勧めです!!
(写真が私の席からの眺め。)

It just opened, and when I watched it was in the preview.
It was only 30 quids for 2 of us!
We took the cheapest tickets which is in the side of the stage, but it was very close to the stage and almost no dead angle.
I really recommend this seat! (the photo is from my seat!)



感想は…、ものすごくよかった~!!
よく、本の映画化、舞台の映画化、映画の舞台化など、元になった作品から変わっちゃってがっかり…ということがよくありますが、
この舞台は映画ファンにも自信を持ってお勧めできます!
映画の舞台化でがっかりしたやつで「天使にラブソングを」があるんですが、
私は映画のゴスペルっぽい歌が好きだったのに舞台版は全部変わっていたので、そこがすごく残念だったのですが、
こちらはラストのあの曲(有名曲のぱくりという噂でしたが!)やデューイのオリジナル曲もそのまま。
そしてなんといっても、子供たちがちゃんと自分たちで演奏してるんですよ~!
これは、私たちが行ったとき、上演前にロイドウェバー氏が直々に力説してました。笑
あまりにうまいから、疑いたくなる気持ち、わかる!
それを証明するためか!?バンドの人たちも子供たちのラストの演奏の時には楽器を離れ、観客に姿を見せて手拍子!
映画同様、とっても楽しくて、また行きたい作品です!!
キャストリストと、ネタばれアリの感想は下に書きます!

And, the musical was really FANTASTIC!!
It often happened that the original is much better than the adaptations.
But, I really recommend this stage version of School of Rock!
I actually was disappointed when Sister Act became a musical because they changed the music.
However, this School of Rock the Musical has the same music from the original film.
And also children really play instruments!
When we went to theatre, Sir Lloyd Webber was on stage and he mentioned about it.
(I guess some people doubted because they are too good!)
To prove that children really play music, pro musicians show themselves up to the audience to show they are not playing when the scene of the last music.
It was really fanny and happy musical, I really want to see it again!





Click here for the rankings! →人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

*london memo*

What to See

School of Rock the musical

http://uk.schoolofrockthemusical.com/

at New London Theatre






もう、とにかくデューイ役の人、最高。
本当にジャック・ブラック見てるみたいだった。
かなり映画を忠実に再現してくれています。
映画より、舞台オリジナルの演技を、という意見もあるかもしれないけど、
映画ファンとしては忠実に再現してくれたのはとってもうれしい。
映画で大好きだったシーンとかも笑えるポイントとかも再現してくれてて、「あ、ここ、ここ!」とうれしくなります。
とくに、アカペラでデューイのオリジナルソングを披露するシーン!
ミュージカルだからちゃんと歌っちゃうのかな、と思ったけど、
そこはそれ、あのしらけた雰囲気を出すためにオール・アカペラ、デューイ役の役者さんの魂が見えます。笑

舞台の都合上、校長先生のシーンが増えて、音楽の授業は彼女のコンサートに。
演奏音楽はモーツァルト「魔笛」の夜の女王のアリアで、校長先生が本格的にアリアを披露します。
個人的にこの曲が好きな私は、子供たちが演奏するこの曲もすごく好き。
いいなー、私も音楽の授業でこういうの合奏したかった!笑
ウッドストックとかリコーダーでかわいい雰囲気がいい。

子供たちもすごくよかったー!
子供が出るだけで舞台は楽しく見られるけど、演奏してる子供たちは本当にすごい。
演奏経験者が選ばれてるのかな?
オープンして間もないし、ちょっと演技は勢いに流されてる感があったけど、
子供たちのがんばりにそんなことどうでもよくなっちゃう。
日本でもやればいいのにー。
もう「アニー」のかわりにこれやっちゃえばいいのにー!

*オマケ*

ミュージカル化の前にこんなのもありました。





ラストのあの曲、映画ではなかったケイティのソロが!





幻のあの曲の本番バージョンも!



Thursday, 24 November 2016

Travelling Madeleine in Margaret! @ 京都・鞍馬口


皆様お待たせいたしました!
京都、新風館のワゴンショップが閉店してから8ヶ月…。
ついにオーナーさんが新しいショップをオープンします!
ラインナップはワゴンショップのおなじみのブランドがそろうほか、新たなブランド、お洋服のラインナップなど新しい面も!
新しいお店は京都北区の鞍馬口。
お店は町屋で趣のある建物みたいです!
じっくりゆっくり、お買い物できます!
鞍馬口は実は私も行ったことないのですが、
話題のパン屋、チップルソンさんや、うめぞの茶房、さらさ西陣、船岡温泉さんなど、
行きたいアドレスが目白押しだったのです。
みなさまも、ぜひぜひ、マーガレットさんへいってみてくださいね!

New shop dealing with Travelling Madeleine in Kyoto, Japan!
Please visit Margaret in Kuramaguchi!

Margaret

http://margarett.net/
オープンは、金、土、日、祝日のみになります。




Click here for the rankings! →人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

Thursday, 17 November 2016

London Fashion Snap No.122 ~ Brighton rock 'n' roll style


今回も番外編、8月のブライトンにて。
カラフルなブライトンの街でもひときわ目立っていたおじ様。
勇気を出して声をかけて写真を撮らせていただきました。
イギリスに来てから思うこと。
年だからっておしゃれを控えちゃだめだ。
自分の趣味が年齢とともに変わっていくのはいいけど、この年でこんなの着ちゃ…って遠慮するより、着たいものを着たい。
そしてその着たいものがその年を重ねた自分に似合っていたい。

At Brighton in August.
He stood out in the colourful town, Brighton!
Thank you very much for posing for me.
Since I came to UK, I have been thinking about fashion.
I should wear what I want.
Even I get older, I shouldn't give up to wear what I want because of my age.
And I would like to be the one who is suited to wear what I want.


Click here for the rankings! →人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

Tuesday, 15 November 2016

Around St.Stephan's Cathedral ~ シュテファン寺院とその周辺

The city of art and music, Vienna ~ 音楽と芸術の都・ウィーンの旅 Oct 2016 Part.4

さてさて、観光の始まりです!
ウィーンの中心地は、ドナウ川とリングと呼ばれる環状道路によって円形に区切られていて、地図で見てもわかりやすい。
観光の中心地も、その円形地区の中心にあるシュテファン寺院です。

Start sightseeing in Vienna from St.Stephan's Cathedral!
The centre of Vienna is surrounded by The Danube and Ring (ring road), it's easy to find in a map.
The center of sightseeing area is also in the town centre, and St. Stephan's Cathedral is in the very center of the area.




中心にあるランドマーク、シュテファン寺院。

St. Stephan Cathedral is a landmark of Vienna.




中はとっても荘厳な雰囲気。
ミサが日に4回は開かれているので、その時間を避けて行きました。

Solemn atmosphere inside.
There are 4 masses a day, so I went there avoiding mass time.




ミサ中に行っても、中に檻のような(!)ゲートがあり、観光客も入れることは入れます。
が、やっぱり私もじっくり見たいし写真も撮りたいし、邪魔もしたくないのでミサの時間には行きたくない…。
檻から中に行くには有料です。
そのほか、カタコンベ(地価墓地)や塔に上るのも別料金。

There is a big gate inside so tourists can go in there even during mass.
But I would like to see with taking time and take photos too.
I didn't want to bother mass either, so I checked mass time and avoided.
To get inside of the gate, you have to pay.
Also you have to pay other fees to get in a catacomb and climb up towers.




12世紀から18世紀の建築が混じった教会。
このほかいろんな教会をウィーンで見ましたが、プラハで同様に思ったこと、中欧の教会は豪華!

It was started to build in the 12th century, and some parts were from the 18th century.
I saw some other churches in Vienna, and I thought that churches in Middle Europe are sure gorgeous!  (I thought the same thing in Prague too.)




ハプスブルク家の歴代君主が眠り、モーツァルトの結婚式と葬儀が行われた、歴史のある場所…。

It's a very historical place where former monarchs from the house of Habsburg sleeping and was held Mozart's wedding and funeral...




塔は内部が近代化されてて、なんとエレベーターで上まで直通!
北の塔に登りました。
教会で一番高い部分ではないので、(上れる部分では一番高いけれど)360度の景色が見られないのは残念。

The North tower was modernized, you can use a lift and go straight to the top!
It was a shame I couldn't see a 360-degree view.




屋根にはハプスブルク家の紋章、双頭の鷲。

You can see the double headed eagle, the emblem of Habsburg, on the roof.




さて、大聖堂を出ると、ウィーンの繁華街です。
有名どころのお店が並ぶ、ショッピングエリア。

When you get out St Stephan's Cathedral, there is the most busy street in Vienna.
Like Oxford Street in London.




このメインストリートをたどるとオペラ座や、王宮など、他の観光名所にもたどり着けます。

When you follow this street, you can reach the opera house, Imperial Palace, and other sightseeing spots.





でも、ひとたび横にそれると、旧市街らしい細道がくねくねのびていて、横道探検も楽しい。

However, once you diverge from the main street, you can see interesting alleys.



砂糖菓子みたいなかわいいビル。

Lovely buildings like sugar crafts.




大陸のビルは、ロンドンのシンプルなビルと違って、装飾的だからかわいい。

Love old towns in the Continent, it's so different from London....





そこいらにきれいなモニュメントがあったり、

You can see beautiful monuments...




私の大好きなデコデコな看板たちもちらほら。

and decorative signs which I love!





夜もまた違った雰囲気なのです。

The town looks different at night.




さて、夜も更けたし、次回はウィーンのとっておきレストランでディナーです。

Next, I show a special restaurant in Vienna!

Click here for the rankings! →人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

*tabi memo*

What to See

St. Stephan's Cathedral Stephansdom

http://www.stephanskirche.at/



Saturday, 12 November 2016

restaurant* No197 Chiswick Fire Station (No197 チズィック・ファイア・ステーション|カフェ|ロンドン)

家からも近いチズィックは落ち着いた雰囲気もありつつショッピングもできる、お気に入りのエリア。
そこにおしゃれなレストランがあると聞いて、ブランチに行ってきました。

Chiswick is not far from my place and one of my favourite area.
I heard that there is a nice restaurant there, So we went there to have a brunch!




ナンバー197・チズィック・ファイア・ステーション。
名前の由来はもちろん、ここがファイア・ステーション(消防署)だったことから。

No197 Chiswick Fire Station.
The building used to be a fire station.




中はとってもモダンに生まれ変わっています。

The inside is so stylish!




入り口の大きなガラス窓からは明かりがたっぷり入り、(もちろん全開も可能)

The entrance has big glass doors, so it gets more sunlight.




ソファ席もあってくつろげるし、

They also have comfortable sofas....




グリーンと気のぬくもりのインテリアで落ち着く雰囲気。
開放的で、たくさんの人が入ります。

Lots of greens and wooden furniture...  very relaxed atmosphere.
The restaurant has huge space and loved open layout.




この日はとてもいい天気だったので、奥のテラス席も人気。

It was a lovely sunny day, so the terrace area was popular.




カウンターの奥で焼かれているのは、このお店自慢のローストチキン。
食べたい所でしたが…

Behind the counter, I can see yummy chicken....  The famous roast chicken.
I wanted to try though....



そんなにおなかのすいてなかった私は、サラダで。
いろんな種類のトマトを使ったトマトとメロンのサラダ。
この日は暑かったのでメロンが私の目的でしたが、私は別にチリは要らなかったかな~。
相方さんが頼んだバーガーはとってもおいしかった~!
今度はぜひ、チキンを食べに、夜に来たいな!

I was not hungry enough to have roast chicken, so I took salad instead.
Tomato and melon salad with lots of kind of tomatoes.
It was hot day so I loved melon and tomatoes, but I didn't really fancy chili on it.
My mister's burger was so good!
Next time, I have to eat chicken!


Click here for the rankings! →人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


*london memo*

where to Eat

No197 Chiswick Fire Station

http://www.no197chiswickfirestation.com/#home-197




Thursday, 10 November 2016

London Fashion Snap No.121 ~ Boater hat gentleman


今回は番外編です。
すっかり忘れていた、ファールで行われた夏のヴィンテージイベントにて。(8月)
雨ばかりのイギリスでも、夏は野外イベントがいっぱい。
奇跡的に素晴らしく晴れた日に、さわやかブルーストライプのスーツのおじ様。
ボーターハットに蝶ネクタイ、お口のひげもコーディネートの一つ。

I totally forgot about photos from Summer.
At Firle Vintage Summer Fair in August.
He was wearing a lovely blue stripe suits which was perfect for a miraculous sunny day.
A boater hat, a bow tie, and even his moustache is one of his coordinate.


Click here for the rankings! →人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

Tuesday, 8 November 2016

November Jewellery at My Snug Room


November jewellery has arrived in My Snug Room!
November theme is "Pearl and Gold".
I am into pearl jewellery right now.
These are so beautiful and useful for your daily and coming party season!
My Snug Room is celebrating their 1st anniversary right now!
They are giving presents for all customers until 16th November. (for hair appointments only.)
Please check it out!

ロンドン・ソーホーにあるヘアサロン、マイ・スナッグ・ルームさんに11月のジュエリーが到着しました。
今月のテーマは「パールとゴールド」。
個人的にパールアイテムにはまっています。
デイリーにももちろん使えますが、これからのパーティーシーズンにも使えるオールマイティな子達です!
ぜひ手にとって見てくださいね!
マイ・スナッグ・ルームさんは、11月2日で一周年を迎えられました。
これを記念して、16日までにお越しのお客様全員にプレゼントを用意していらっしゃいます。(ヘアのお客様のみです。)
この機会にぜひ行ってみてくださいね!


Click here for the rankings! →人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ


*london memo*

Where to Shop

My Snug Room

http://www.my-snug-room.co.uk/

Monday, 7 November 2016

ballet * Le Corsaire @ Weiner Staatsoper (海賊|ウィーン国立バレエ|ウィーン国立歌劇場)

The city of art and music, Vienna ~ 音楽と芸術の都・ウィーンの旅 Oct 2016 Part.3


14th October 2016, Vienna State Opera Ballet

Le Corsaire 海賊
Choreography by Manuel Legris after Marius Petipa, Music by Adolphe Adam

ウィーンといえば、音楽!
クラシカルミュージックやオペラ、というイメージですが、実はバレエの世界でもウィーンが熱い!
というのも、フランスバレエの大スター、マニュエル・ルグリが芸術監督についてからというもの、ウィーンバレエが注目されているから。
彼が監修し、去年初演された海賊は特に注目を集めました。
ちょうど私が行く時期にも再演されていて、これを見逃す手はない!!と、ウィーンについたその足で行ってきました~!
まずは歌劇場を散策。

Speaking of Vienna, it's classical music.
Specially famous for classical music and opera, however, ballet is hot in Vienna too.
Since The Manuel Legris, a star dancer from Paris Opera Ballet became the director of Vienna State Ballet, the ballet company is watched by the world.
His new production "Le Corsaire" had drawn many people's attention.
The ballet was on when I was staying in Vienna, so I couldn't miss it!
We went to the Opera House as soon as we arrived in Vienna.





カラフルできらびやかな印象のパリのオペラ座と比べると、
ウィーンの内装は白が基調で清楚な雰囲気。

Compared with Paris Opera Ballet which is more colourful and shining,
Vienna Opera House is based on white, so looks more pure and elegant.






オペラ座って、やっぱりどこも豪華なのね…。
正面大階段はやっぱりステキ。

Any opera houses are gorgeous everywhere.....
Their staircase was amazing too.




バーのエリアは一段と豪華です。

The bar was absolutely stunning.





テラスに出ることもできます。
ウィーンの旧市街の夜景が一望。

You can go out on the terrace and see lovely night scenery from the top.




客席はそんなに装飾がなく、すっきり。
ここから見ることができました。
これで一番上のバルコニーですが、ステージもそんなに遠くなくてよかった。

The seats area was quite simple.
This is the view from my seat.
It was the top balcony seat, but not bad view as the stage was not so far!




さて、肝心の演目の「海賊」。
海賊は芸術的というよりは、むしろエンターテイメント的な作品で、
そのためにあまり全幕で上演されることは少なかったのですが、
今またそのエンターテイメント性が注目され、いろんなところで新版が制作されています。
ロンドンのイングリッシュ・ナショナル・バレエの海賊もこの間新制作されたばかり。
そんなわけで、超絶技巧のあるエンターテイメントなダンスと、
いろんなバージョンの海賊があることから、どこをどういうふうに変えていくのかという見所があります。
日々、ルグリに鍛えられてきたウィーンのダンサーたちの実力を堪能できる作品です!
さて、キャストリストと詳しい感想はネタばれアリなので、この下に書きますね!

And, Le Corsaire.
It's an entertainment rather than artistic, so it was quite rare to see whole act.
However, recently many ballet company reproduce this ballet.
English National Ballet also made a new production of Le Corsaire.
The highlight of this ballet is the super technique dance, and also you can compare with other productions as this ballet has lots of variations in each ballet company.
As my review contains the detail of the ballet, I will write it below with cast list.


Click here for the rankings! →人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ



私が滞在中にあった海賊はこの14日と、もう一日あったのですが、
その日はイギリスのスターになりつつあるロイヤルのワディム・ムンタギロフがコンラッド役のゲスト!
でも、ワディムのコンラッドはENBで見たし…。
そして最近インスタグラムでファンになった、ウィーンのステキなダンサー、Nikisha Fogoがこの14日にグルナーラとしてキャスティングされていたので、
どうせだったらウィーンのダンサーを堪能しようとこの14日を選びました。
なのになのに、一番見たかったNikishaが怪我で降板!(泣)
本当に残念でなりませんでしたが、早い回復を祈るばかりです。

During my stay in Vienna, there were 2 performances of Le Corsaire, on 14th and the other date.
That day has a guest artist from Royal Ballet, who was Vadim Muntagirov.
I love his dancing, but I have already seen his Conrad in ENB....
So I decided to see it on 14th as there was my favourite dancer Nikisha Fogo was cast as Gulnare.
However, she got injured and the cast was changed!
It was very sad, but I hope that she recovers as soon as possible.




さて、ルグリ版海賊は、メドーラとグルナーラがランデケムにさらわれるところから始まります。
ここもあんまり見ない描写だけれど、一番の大きな違いは、アリがいないこと!
アリはまあ、ストーリーには関係ないっちゃ関係ないのでいなくても大丈夫そうだけど(笑)
一番海賊っぽい格好の人がいないので、そこはなんかしっくり来なかったり。笑
なので、グラン・パ・ド・ドゥのあのヴァリエーションもコンラッドが踊ります。
あとはオダリスクのパ・ド・トロワ。
これはわりと有名なのに、ルグリさんは音楽からすべて変更、よって振り付けもすべて変更。
3幕でランデケムがメドーラをパシャに連れて行ったときに、パシャがランデケムをもてなす?踊りとなってます。
2幕のグランのあとに、寝室のパ・ド・ドゥがありますが(ないバージョンもあったような)
ルグリバージョンの音楽はタリスマンだったか何かの、とにかくどこかで聴いたような有名音楽を使ってました。なんだったかな~。

Legris' Le Corsaire starts from the scene of the kidnap of Medora and Gulnare.
I had never seen such a scene in other productions, however, the biggest difference was, there is no Ali in this production.
Actually, Ali is not very important in the story, but he has the most famous variation in whole act.
So Conrad dances his variation instead.
Also Legris changed the famous Odalisque pas de trois.
He changed the music, therefore, the choreography is totally different from the classical version.
Also he added a pas de deux in the bedroom scene.
Legirs uses the famous music....  I thought it was the adagio from Talisman pas de deux....(I am not sure though....)



ダンサーは、Nikishaが見られなくて本当に残念でしたが、
もう一人、ぜひ見たかったメドーラのリュドミラさんは本当に素晴らしかった!(写真はグルナーラのときのですが。)
愛らしく、華があるメドーラで、テクニックもあり体のラインもすごくきれい。

Speaking of dancers, although I was so disappointed that I couldn't see Nikisha,
Liudmila who danced Medora was so fantastic. (the photo is as Gulunare)
Her Medora was so adorable and had aura.
She's got technique and beautiful body line too.



もうひとり印象に残ったのは、オダリスクの3人目の人。
オダリスクは、やっぱり古典版の音楽が耳に残ってるため、新しいほうはどうしても印象に薄いんだけれど、
この人のヴァリエーションのI字バランスが完璧で、それがすごく記憶に残りました。

Another dancer I was impressed was the third odalisque.
To be honest, I preferred the classical version music and choreography.
However, in her variation, she showed beautiful 6 o'clock balance, it was unforgettable.


男性で一番印象に残ったのはビルバント役の人。
キャラクターダンサーで、あまり海賊では目立つヴァリエーションもない役ですが、
この日のダンサーさんは切れがあって一番目立ってました。

Speaking of male dancers, the dancer who left the biggest impression on me was Birbanto.
Birbanto is a character role and he doesn't have a famous variation and pas de deux.
However Richard Szabo had sharp movements and stood out the most.
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...