Thursday, 3 October 2013

Jewels in Rosenborg Palace

Märchen Copenhagen コペンハーゲン・おとぎの国の雑貨めぐりの旅    June 2013      part.17


 きらきらきらめくローゼンボー離宮、さらにきらめく宝石の部屋へ降りていきます。



メインの王冠を中心に、輝くばかりの宝石たち…

 どこを見てもきんきらぎんぎん。




 こんなものまできんきら。こんなのにまたがったら宝石が取れそうで怖い。




ゴロゴロの大粒の宝石たち…




 私は確かにアンティークのアクセサリーは大好物ですが…





ここまでぎんぎらごろごろだと…ありがたみがなくなるって言うか…





偽物じゃね? っていうか…(もちろん本物ですが。)





おなかいっぱい。


その中でも個人的に気に入ったのは、


ちょっとメキシコを連想させる華やかさとどくろマークの…ブックカバー?




やはり鳥モチーフに弱い、きんきらの小物入れ?




 王冠ではこちらが好み。

細かい細工が本当に美しい。



さて、見学が終わったら、今度はきんきらに疲れた目を緑で癒す。



庭園の一部は公共の公園になっていて、緑がきれい。

夕暮れ時、たくさんの人たちがピクニックしていました。







やっぱり、緑の中の色とりどりの花が大きな宝石よりもステキ!



↓ でも、小さい宝石も好きですよ。 Click here for the rankings!
人気ブログランキング ブログランキング・にほんブログ村へ

No comments:

Post a Comment

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...